あいさつ

竹田空尊

理事長あいさつ

北陸学園北陸高等学校は仏教、特に親鸞聖人のみ教えを建学の精神として、1880年に誕生しました。今年で137年の伝統ある学校です。高校は勉強だけのところではありません。皆さんの一生にかかわる大事なことを得て、卒業してもらいたいと思います。 すべてのものが縁・つながりで出来ています。ですからお互い敬いあい、支えあい、たすけあっていかねばなりません。 しかし今、自分だけが良ければ良い、他はどうでも良いというこころさみしい風潮が横行しています。 その中で北陸高校が「こころ」と「いのち」を考え大切にする教育を進めているのは、本来の人間性を取り戻し、こころ豊かに生きる私自身になり、社会に貢献していくためです。どうぞ北陸高校に入学され、高校生活を有意義に過ごし、夢をかなえてください。

北陸学園理事長
竹田空尊

藤原有仁

校長あいさつ

本校は創立以来137年、親鸞聖人のみ教えに基づく仏教精神を建学の精神として、「こころ」と「いのち」の教育をめざし、進学、就職をはじめ、スポーツ・文化活動など各分野で、毎年優れた実績をあげています。本校では近年、校舎新改築工事が終了し、情報化・グローバル化など、年々変化する社会環境にも対応し、未来を担う人材を育成するにふさわしい機能も備えました。整った教育環境の中で、私たち教職員は伝統校として蓄積されたノウハウを活用して、生徒の学習意欲を高め、学力と人間力の向上に繋げる授業をめざし、多様な生徒一人ひとりの自己実現をサポートします。多彩な学習プログラムも用意しています。意欲あふれる生徒のみなさん、ますます魅力アップし進化する本校で、夢に向かってトライしてみませんか。

北陸高等学校校長
藤原有仁