強くあれ
〜もっと強い自分へ。挑み続ける北陸のstrongerたち。〜
SPECIAL医学部に現役合格した
クラスメイト2人の
スペシャル・インタビュー
  • 西島 慎大朗

    福井大学医学部医学科

    勉強も部活動も充実した3年間。産婦人科医を目指して医学部へ。

    PROFILE
    普通科特別進学コーススーパー特進クラス卒業。丸岡南中学校出身。男子バドミントン部所属。福井大学医学部医学科に推薦入試で合格。父と同じ産婦人科医を目指している。

  • 根本 潤哉

    自治医科大学医学部医学科

    将来は内科の臨床医になって、福井県の地域医療に貢献したい。

    PROFILE
    普通科特別進学コーススーパー特進クラス卒業。金津中学校出身。少林寺拳法で北信越大会に出場。自治医科大学医学部医学科に一般入試で合格。地域医療への貢献を志す。

—医学部を目指した理由と、将来の夢を教えてください。
西島:父が産婦人科医で、昔から医療に興味があり、高校1年生のとき福井大学が高校生を対象に開講しているFMHS(Fukui Medical High School)に参加しました。1年間にわたって大学の先生方の講義や実習を受けたことと、地元の大学であることが決め手になり、福井大学の医学部に進みました。今は、父と同じ産婦人科医を目指しています。

根本:もともと福井で仕事をしたいと考えていたのと、祖父や母の知人を亡くした経験から「自分が医者になったら助けられたのかな」と考えた末、医者になって福井県の地域医療に貢献したいと考えるようになりました。北陸高校の医学部説明会で自治医科大学の紹介があり、地域医療に強く、学費などの費用も工面してくれることを知り、そこで学びたいと思いました。将来については大学でいろいろ勉強してから決めようと考えていますが、今は内科の臨床医になりたいです。

—大学受験で、北陸高校の学びが力になったと感じたところを教えてください。
西島:毎日7限目の終了後に受ける統一テストが良かったです。僕は部活をしていたので実はとても面倒くさくて「もういいやろ」と思うこともあったんですが(苦笑)、今思うと復習の時間としてとても大事だったなと感じています。

根本:本当に、統一テストは良かったですね。それから、英語の授業がグループに分かれて自分たちで考える学習スタイルで、みんなで意見を出しあうとき自分自身の知識の確認などにもなりました。受け身ではなく能動的な授業で良かったと思います。

西島:僕も、グループ学習はけっこう役に立ったと思っています。根本君が言った通り、自分の意見を出すときや、相手の意見を聞くときなど復習になるし、自分の考えを強めたりもできました。コミュニケーションの取り方としても、学びがあったと思います。

—部活動や習い事と勉強との両立には、どう取り組みましたか。
西島:勉強も部活もどちらも楽しみ、モチベーションが落ちないようにしていました。でも、3年生の始め頃は勉強もバドミントンも微妙な感じで、本当に頑張らないとと思い、大会直前はどちらも一生懸命やって結果も出せたかなと思います。推薦入試だったので、部活をやっていたことはすごく大きかったと感じています。

根本:幼稚園の頃から12年ほど少林寺拳法をやっていて、高校に入ってからも先輩と一緒に大会に出場したりしていました。ただ、1年生のときはしっかり練習していたんですが、2年生になって勉強も難しくなり、大変だと思うようになってからはセーブするようになりました。
モチベーションを保つためには、自分の中で2つほど決めていて、1つは医者になるのは本当に自分のやりたいことだったので、将来の自分の姿を想像して「自分がこうなりたいから勉強しないと」と取り組みました。それでも勉強がうまくいかなくて辛いときは、「1ヵ月でこの問題集を1冊終わらせる」など自分の中で小さな目標を立てて勉強し、気づいたら時間が経っていたという感じです。

—そもそも北陸高校に進学された理由を教えてください。
根本:北陸高校は生徒数も多いし、進学の点でも私立高校のなかでは1番実績があると思い、スーパー特進クラスに併願で入りました。

西島:僕もまったく同じ理由で併願です。オープンスクールにも参加したんですが、北陸高校の第一印象は「きれいやな」です(笑)。

根本:ラーニングコモンズもきれいだし、勉強に集中できるし、ちょっと行けば校務センターがあるので先生にすぐ質問もできる。勉強をするには、本当に素晴らしい環境だと思います。先生方も話しやすく、いつでも質問を聞いてくれて、面談の練習などにも対応してくれるところが良かったです。僕自身はそんなに進路は変わらなかったんですけれど、進路に迷ってる友達もいて、そういう人は先生にしっかり相談できて良かったんじゃないかなと思います。

西島:いろんな先生がいるのも良いですよね。僕は推薦入試の面接の練習を、あえて厳しい先生にお願いしたのが大きかったです。センター試験はちょっと取れていなかったのですが、先生が親身になって指導してくださったおかげで面接で逆転できた感じです。

—3年間を振り返って、クラスメイトとの交流はどうでしたか。
根本:僕たちは高校で初めて出会って、1年から3年までずっと同じクラスで、塾も同じだったんですよ。

西島:ラーニングコモンズや教室で、よく一緒に勉強していましたね。授業はちょっと嫌だったんですけれど(苦笑)、友達がいるんで学校は本当に楽しかったです。

根本:クラスには他にも医者志望の子がいて、その人達からも刺激を受けて「医者っていいな」と強く思うようにもなりました。もともと「医者になりたい」と思ってはいたんですけれど、真剣に医科大を目指すようになったのは北陸高校に来てからで、周りから刺激を受けたことが一番大きかったです。
併願で北陸高校に入ることになって最初はどんな場所か不安もあったんですけれど、3年間を振り返ってみると北陸高校を選んで本当に良かったなと思いますし、ここじゃなかったら僕は医者を目指していなかったと思います。

西島:北陸高校の3年間は、部活もしっかりできたし、本当に楽しく充実していたと感じています。僕も多分、この学校じゃなかったら医学部を諦めていたかもしれないです。周りの人からの刺激があって、先生方が応援してくれたのも大きかったです。

—一番思い出に残っているエピソードを教えてください。
西島:一番は決められないんですけれども、3年生の北紫祭の模擬店でキュウリを売ったのは印象的でしたね(笑)。みんなでいろいろ企画を考えたんだけれど、どれも他のクラスがもうやっていて、結局キュウリを売ることになったんです。

根本:衛生面の基準が厳しく、放課後みんなでコンビニとかを回って、個包装のキュウリを100本買い集めました。そしたら、びっくりするぐらい売れたんです(笑)。

西島:最初は「キュウリってどうなんだろう?」と思って、「余ったらみんなで食べよう」って言っていたんだけど、いざ始まってみたら1時間も経たずに全部売れました。クラスは団結力があって、やるときはやるという感じですね。

根本:それから、沖縄への修学旅行は2人とも同じ班で、勉強を忘れて水族館に行ったりして楽しかったです。ずっと勉強だけっていうわけじゃなくて、本当に充実した高校生活でした。

—これから、大学でやりたいことはありますか?
根本:とにかく医学の勉強がしたいんですが、県外に出るので新しい友達をつくりたいと思っています。それと、中学のときにハンドボールをやっていたので、大学ではまたハンドボールをやりたいですね。ただ、これまで家を出て暮らしたことがないので、寮生活とかは不安でいっぱいです。
海外留学もしてみたいんですが、まだ不安の方が大きいですし、まずは自分の位置というかアイデンティティを確立しないといけないかなと思っています。

西島:大学でもバトミントンをやりたいし、バイトもしたいんですが、福井大学は1年から解剖が始まるなどめちゃくちゃ忙しいようなので、まずは勉強を頑張りたいです。それから、趣味の読書も楽しみたいです。僕も海外留学には興味があるけれど、1年間は厳しいと思うので、夏休みを使って短期留学をしてみたいです。英語が得意なので、英語圏の国に行きたいですね。

—最後に、未来の後輩にメッセージをお願いします。
根本:北陸高校は先生方のサポートも厚く、勉強に関しては言うことがないと思います。他にも、マンモス校と言われるように多種多様な人がいて、体育祭とかで自分と違う方面で頑張っている人を見るのは、勉強だけで頑張っている人には刺激があります。そういう意味では、他の高校にはない魅力があると思います。

西島:統一テストや先生の多さなど、勉強にすごく役立つ環境があると思います。それに、根本君も言っていましたが、いろんなコースがあって、部活でもいろんな人との親交があるので楽しいです。あと、これはどこに行ってもそうだと思うんですけれど、周りに流されず、しっかりと自分の目標に向かって勉強し続けるのが大事だと思います。

根本:そうそう、学食があるのが良いです(笑)。僕は週2〜3回ぐらい通っていたんですが、北陸高校の学食はきれいで美味しいです。おすすめのメニューは一番人気の唐揚げ丼です(笑)。

インタビュー一覧へ