もっと強い自分へ。挑み続ける北陸のstrongerたち。
vol.15 フットサルも勉強も楽しい、
毎日充実しています。

普通科特別進学コース
スーパー特進クラス2年

名倉 大稀

普通科特別進学コース
スーパー特進クラス2年

名倉 大稀

PROFILE
金津中学校出身。福井県唯一の高校フットサル部のキャプテンとして活躍。ポジションはゴレイロ(ゴールキーパー)。福井県選抜チームメンバーにも選ばれ、福井県フットサルリーグでは社会人チームと試合を行う。サッカー4級審判員の資格を持つ。

—フットサルをはじめたのはいつ頃からですか?
小学4年生のとき、スポーツ少年団でサッカーを始めてからです。そのチームで冬はフットサルをやっていて、それからずっと続けています。

—フットサルとサッカーの違いを教えてください。
もう全然違います。まずボールが違って、サッカーのボールは跳ねるけど、フットサルのボールは重く、扱いも違います。フットサルは人数が少ないぶん攻守の切り替えが速くて、チャンスもあるけどその後すぐにピンチがくる。見ていてもやっていても、展開が早くて休める時間がないですね。

—フットサル部でのポジションはどこですか?
ゴールキーパーの役目にあたるゴレイロというポジションをしています。サッカーだとグローブをはめるんですけど、フットサルは素手なのでキツイ。めっちゃ大変です。

—北陸高校でフットサル部に入った理由を教えてください。
本当は、中学ではサッカー部だったのでサッカーがやりたかったんですけど、スーパー特進クラスだとサッカー部に入ってもレギュラーは難しいかなと思ってフットサル部にしました。フットサル部があるのは、福井県でここだけです。

—フットサル部では、キャプテンをされているそうですね。
今年からキャプテンをしています。顧問の先生はあまりフットサルのキャリアがないので、先生と話しあって毎日の練習メニューなどを一緒に決めています。去年は試合に負けてしまったので、勝つためになにをしたらいいかを考えたり。他にやることも多く、責任も重く、毎日大変です。

—練習内容について教えてください。
フットサル部は、進学や特進、スーパー特進クラスの生徒が多いので、基本的に放課後に練習はありません。朝7時位から1時間朝練して、昼休みにトレーニングセンターで練習をします。全然走り込みをする時間とかなくて、ボールに触りながら体力もつけていかないといけない。時間的な制限があるので、そのことを考えながら練習メニューを考えています。

—試合では、どんな風に取り組んでいますか?
ゴレイロは全体が一番よく見えるんで、後ろから声をかけたり、アドバイスをしたりします。試合をつくるのもゴレイロの役割で、ゴレイロがボールを持ったときから、すぐゴールにつながることもあります。

—試合のスケジュールなどを教えてください。
社会人の福井県フットサルリーグで試合をしています。6月から総当たりのリーグ戦がスタートし、2月まで1ヶ月に1回試合をします。もしかして、練習試合の数より多いかもしれません(笑)。

—社会人相手の試合だと、大変ではないですか?
体力やフィジカル面で負けることはあります。サッカー部だとフィジカル面を鍛える時間があるけど、僕らは練習時間が少ないので、フィジカル面も各自でやらないといけない。僕も毎日、家に帰ってから勉強を終えてお風呂に入った後に、体幹のトレーニングやストレッチを欠かさずやるようにしています。
社会人の方たちには、練習試合を組んでもらったり、合同練習会を開いてもらったりしています。経験豊富な社会人から学ぶことで、成長していけると思います。

—今年、フットサル福井県選抜チームメンバーに選ばれたそうですね。
はい、サッカーの選手権を終えた3年生がメインの大会があるのですが、去年はそのなかに混じって経験を積ませてもらいました。みんな全国大会を経験した強豪校のサッカー部員ばかりで、緊張感が半端なかったです。

—どういったところが勉強になりましたか?
サッカー部の人たちは競技のスピードや質が高いのはもちろんなのですが、団体行動が徹底されていて、挨拶や着替え、後片づけの整理整頓など基本的なことがしっかりしていました。競技以外のところもしっかり学んで、チームに伝えなければと思いました。

—勉強と部活の両立は、どうしていますか?
毎日放課後の統一テストの後、17時半位から19時まで、みんなで教室に残ってわからないところを勉強しています。友達と一緒にやるのは、めっちゃ勉強になります。
あと、フットサルをしている時間は、テストが悪くても、近づいていても、他のことは考えないようにしています。勉強しているときは勉強、フットサルをしているときはフットサルにだけ集中するよう切り替えています。

—どうして北陸高校を選んだのですか?
第一志望の県立高校に落ちたからですが、私立だと、北陸は生徒数が多く、そこから学べるものがあるかなと思って選びました。

—北陸高校の魅力を教えてください。
毎日の統一テストは、すごく良いです。それに、授業の進行が県立高校よりゆっくりで、置いていかれることはなく、先生が熱心に指導してくれるので本当に助かっています。先生方は本当にやさしくて、自分の教科担当の先生がいないときでも、他の先生がたくさんいて丁寧に教えてくれます。

—これからの進路について教えてください。
大学は、まだ具体的には決まっていないんですけど、医療関係を目指しています。理学療法士のようにスポーツ選手に関わっていけたら一番いいですね。
ゴレイロをやっていると指が何回も曲がったりずれたりして、テーピングも自分で巻くとズレてる感じがするけど、整骨院でケアしてもらうとすぐ治る。選手たちに、理学療法で対応できたらと思います。

—サッカーの審判の資格取得にも挑戦されているそうですね。
はい、高校でサッカーができなかったぶん審判として関わっていきたいと思い、1年生のときに審判資格の4級を取りました。今年は、3級を取ろうと思っています。4級だと練習試合や地域で主催されるゲームの審判が、3級だと公式戦の審判ができます。土日とか、スポーツ少年団でサッカーをしている弟の練習試合などで審判の経験を積ませてもらっています。いつか、公式戦で審判の笛を吹きたいです。

—サッカーの審判資格は、どこで知ったのですか?
中学時代のサッカー部の顧問の先生が、審判の2級を持っていて北信越大会の試合の審判をやっていたんです。それで「おまえもやってみたらどうだ」と背中を押されました。今も、その先生には審判の勉強のことで会いにいったりしています。

—勉強に部活に、資格の勉強もあって大変そうですね。
大変だけど、やってて全然イヤにならないです(笑)。毎日充実している感じがあって、中学のときより楽しいです。中学のときは放課後すぐ家に帰ってダラダラしてたけど、そんな時間がなくなったんで体がダルイと思うこともなくなりました。好きなことしているからか、時間がたつのが早いですね。
リフレッシュになるのは、やっぱりフットサルの時間ですね。本当に好きです。大学に行っても、フットサルを続けていきたいです。

—未来の後輩たちへメッセージをお願いします。
高校は、しっかり調べてから決めるのが一番。学力がないからここはやめようじゃなくて、絶対に無理ってことはないので、志望校に入るための努力をしてください。それから、北陸は部活動も種類が多く、スーパー特進コースでもみんな部活をやっているので、自分にあった部活がきっと見つかると思います。

インタビュー一覧へ