もっと強い自分へ。挑み続ける北陸のstrongerたち。
vol.02自分が弓道をするなんて。
北陸に入って見つけたんです。
五十嵐

普通科特別進学コース
特進クラス2年

五十嵐 紗華

普通科特別進学コース
特進クラス2年

五十嵐 紗華

ー弓道部での目標を教えてください。
この間、弓道二段の審査に合格しました。今の目標は、インターハイに出場することです。3位止まりであと少しが全国へ届かなかったので、今年はもう1歩踏み出したいです。それから、弓道の国体強化指定選手の一員に選ばれているのですが、最終的に高校生は3人までに絞られるので、そこにも選ばれるよう頑張りたいです。

ー弓道は高校から始められたそうですね。
はい。北陸に併願で入ってから、弓道を始めました。入学して弓道部を見学したとき、袴姿で弓を引いている姿を見てかっこいいなと思ったんです。それまで自分が弓道をするなんて全然考えてもいませんでした。第一志望には落ちたけど、それもここに来るための運命だったのかなって、今は思います。高校に入ってから見つけられるものがあるんだな、と実感しています。

五十嵐1

ー弓道部について詳しく教えてください。
北陸中学校の弓道部員も含め、80人近い大勢の部員がいます。私はマネージャーもやっていて、常に周りを見て、みんなが弓道をしやすいようにしています。そういう風に裏で支えるのが好きで、みんなが使う道具が壊れていたりすると自分で見つけてなおしたりしています。
北陸の弓道部は、段を持っている先輩に後輩が弟子入りを申し込んで集中的に教えてもらう師弟制です。私も今年、後輩が「弟子入りさせてください」って来てくれて、やっていて良かったなと思いました。この間、指導してたら「わかりました!」って言ってくれて、すごいうれしくてちょっと泣きそうになりました(笑)。
 
鯖江から電車通学していて、だいたい往復1時間くらいかかります。朝練があるので、毎朝6時30分位には家を出ます。マネージャーの仕事もあるし、後輩にも教えないといけないので、練習量はだんだん減って中りが悪くなっているのですが、短い時間に集中して練習するようにしています。

五十嵐2

ー勉強と部活動の両立はどうしていますか。
特進クラスなので統一テストなどがある日は、部活動は17時30分から始まり、20時まで練習をします。テスト前で弓道の練習ができない日は、ゴム弓という道具を使って家で自主練しています。
勉強は、数学が苦手です。テスト期間中は、学校に残って、先生に質問に行くこともあります。先生はみんな話しやすくて、気軽に質問に行ける雰囲気なので、勉強の環境としても北陸はすごくいいですね。

五十嵐3

ー将来の夢はありますか。
まだ迷っているんですけど、警察官になりたいです。高校に入る前くらいに母からすすめられ、いいなと思って…。それなら武道をやっておこうと思って、柔道か剣道かなと迷って弓道にしたというのもあります。県内の国公立大学に進学して、英語以外に中国語も身につけ、仕事の役に立てたいです。

五十嵐4

PROFILE
中央中学校出身。国体強化指定選手。高校に入学してから弓道を始め、またたく間に上達。1年生のとき、新人戦で個人3位、北信越大会出場。今年、弓道二段の審査に合格した。マネージャーとしても、常に周りを見て気を配り、弓道部の活動を広く支えている。

インタビュー一覧へ