もっと強い自分へ。挑み続ける北陸のstrongerたち。
vol.04部活動も、勉強も、目標を決めれば
毎日が充実して楽しくなる。
福澤 江里子

商業科
情報処理コース2年

福澤 江里子

商業科
情報処理コース2年

福澤 江里子

ーソフトテニスは、いつ頃始めましたか。
小学1年生から、スポーツ少年団でソフトテニスをやっています。北陸を選んだのも、ソフトテニスが強くて、厳しいけどちゃんと指導をしてくれると聞いたからです。学校がすごく力を入れてくれていて、西下野グラウンドの環境も充実しています。大学でも、ずっとテニスを続けていきたいです。

ーソフトテニスでの目標を教えてください。
来年地元で開かれる福井元気国体に向け、国体強化指定選手に選ばれています。部活では、まずインターハイに行って、1勝できたらうれしいです。
毎日朝練があって、放課後も15時30分頃にバスで西下野グラウンドまで移動し、16時頃から19時まで部活があります。練習は厳しいけど、部活の帰りは近くのお店に寄って、みんなでアイスを食べたりすることもあります。あんまりまっすぐ家に帰ることはないですね(笑)。

福澤 江里子1

ー部活動と勉強との両立について教えてください。
大学進学を考えているので、成績やテストの順位はとても意識しています。でも、朝も放課後も練習があって時間がないので、短い時間を見つけて集中してやるようにしています。なるべく授業中だけで勉強はすませたいので、とにかく授業に集中。課題もきちんと取り組んで、こなすようにしています。テスト期間中は、教室だと集中できないのでラーニングコモンズで勉強することもあります。大変なのは、家に帰ってから。ごはんやお風呂をなるべく短くして、勉強の時間をつくっています(笑)。
 
商業科には資格の勉強もあり、遠征のときなどは、バスの中で同じクラスの子と問題を出しあうこともあります。情報処理や簿記は、今どちらも3級まで合格しています。自分の家がお店をしていて、将来は跡を継ぎたいと思っているから、商業科の勉強はきっと役に立つんじゃないかな。今もお盆やお正月、桜まつりの時期などは、お手伝いをしているんですよ。

福澤 江里子2

ークラスの雰囲気はどうですか。
クラスの人数は、女子が30人で男子が10人。女子の方が多いけど、男子とも仲が良くて、誕生日を祝ったりしています。みんな負けず嫌いなので、体育祭は力が入って、すごく盛り上がります。他の科の人と話しをすることもけっこうあって、学校全体の人数が多く、いろんな人がいるので刺激になっています。

福澤 江里子3

ー北陸を目指す後輩にメッセージを一言。
勉強と部活動の両立は大変だけど、自分のやりたいことや目標をちゃんと決めてやっていくと、無駄な時間も過ごさないですむと思います。今は毎日が充実して、すごく楽しいです。

福澤 江里子4

PROFILE
丸岡中学校出身。国体強化指定選手。ソフトテニス部所属。小学1年生からテニスを始め、高校で新人戦個人準優勝、県インドア大会団体優勝、春季総体団体優勝。インターハイ出場。勉強も、クラストップを誇る。部活動でも、クラスでも、明るい笑顔のムードメーカー。

インタビュー一覧へ