もっと強い自分へ。挑み続ける北陸のstrongerたち。
vol.01レスリング、海外留学、建築家…
興味ある世界へ挑戦を続けたい。

普通科特別進学コース
スーパー特進クラス2年

平野 大河

普通科特別進学コース
スーパー特進クラス2年

平野 大河

—北陸高校に進学した理由を教えてください。
中学校の先輩で知っている人がたくさん北高にいて、オープンキャンパスでも雰囲気が良いなと思ったので、北陸を選びました。学校の施設がきれいで明るく、すごく雰囲気が良かったです。

—グローバルチャレンジ・プログラムに参加されるそうですね。
参加したきっかけは、両親が家にホームステイの外国人を受け入れていることです。僕が小さい頃から受け入れていて、英語がまだしゃべれなかった僕は、母に通訳してもらって自己紹介くらいしかできなかった。僕も外国の人と会話を楽しみたいので、グローバルチャレンジで生の英語に触れることが、そのきっかけになればいいなと思っています。今はまだ準備中ですが、海外では自分から積極的に話かけていきたいです。

平野 大河1

—レスリングでは国体強化指定選手に選ばれていますね。
中学までいたレスリングのクラブチームで、今も面倒を見てもらっています。来年、僕が高校3年生のときに福井国体があり、せっかく地元で開催されるので、優勝を目指して練習を頑張っています。
18時頃に下校し、帰宅してから19〜21時過ぎまで練習。帰ってきてお風呂に入って、宿題をして、23時過ぎに寝ています。

—勉強とレスリングとの両立はどうしていますか。
とにかく時間がないので、なるべく休み時間は教科書を見るようにしています。授業が終わってから教室に残ってできるだけ宿題をやるなど、時間を有効に使うようにしています。
 
テスト期間中はクラブも休みなので、家で勉強に集中します。授業でわからなかったところや、レスリングの遠征で授業を受けられなかったところは、先生に質問に行っています。友達と一緒に勉強するときには、わからないところを友達に聞いたり、逆に教えてあげたりしています。

平野 大河2

—将来の夢を教えてください。
建築家になりたいです。家に興味があって、いつか両親の家を建てるのが目標です。実は、中学校3年生までまったく夢がなかったのですが、高校に入ってすぐ大学の説明があり、「もうすぐ大人になって仕事に就かないといけないんだな」と実感がわき、真剣に考えるようになりました。もともと美術に興味があってデザインも好きで、そのなかで建築が一番やりたいと思い、それに向けて勉強も頑張っています。大学は工学部に進学して、いろいろな建築の技術を学びたいですね。
 
建築に興味があるのは、レスリングの遠征などでいろんな地方に行って、そこの気候に配慮したおもしろい建築物を見たのが影響しているのかなと思います。レスリングでの東京オリンピック出場も目標のひとつですが、隈研吾さんの新国立競技場の建築にも興味があります。グローバルチャレンジも、レスリングも、建築も、興味のあることは、なんでもやってみたいと思っています。

平野 大河3

PROFILE
福井大学教育学部附属中学校出身。国体強化指定選手。レスリングで、中学時代に国体出場。高1、高2と2年連続インターハイ出場。グローバルチャレンジ・プログラムに参加しており、外国人講師と英語でコミュニケーションをとるなど学びを深めている。

インタビュー一覧へ